CD/DVD情報

□山本彩
「ヒトコト」「愛のバトン」作詞担当
(album「Rainbow」2016年10月26日リリース)

購入する≪

□BURNOUT SYNDROMES
「ヒカリアレ」「PIANO TUNE」Sound & Words produce担当
(single「ヒカリアレ」2016年10月26日リリース)

購入する≪

□Fou Fou
「STAR」Sound & Words produce担当
(mini album「Fou is this?」2016年10月4日リリース)

購入する≪

□手嶌葵
「白薔薇のララバイ」「ナルキスと人魚」「ミス・ライムの推理」「Handsome Blue」作 詞担当
(album「青い図書館」2016年9月21日リリース)

購入する≪

□私立恵比寿中学
「イイトモ」作詞担当
(single「まっすぐ」2016年9月21日リリース)

購入する≪

□Superfly
「心の鎧」作詞担当
(single「Good-bye」2016年9月14日リリース)

購入する≪

□Little Glee Monster
「君のようになりたい」「私らしく生きてみたい」作詞担当
(single「君のようになりたい/私らしく生きてみたい」2016年8月17日リリース)

購入する≪

□J☆Dee’Z
「Secret Summer」作詞担当
(single「Dream Arch」2016年8月3日リリース)

購入する≪

□テミン
「TIGER」「世界で一番愛した人」作詞担当
(mini album「さよならひとり」2016年7月27日リリース)

購入する≪

□GLIM SPANKY
「怒りをくれよ」「ワイルド・サイドを行け」words produce担当
(album「Next One」2016年7月20日リリース)

購入する≪

□SPYAIR
「THIS IS HOW WE ROCK」Words produce担当
(single「THIS IS HOW WE ROCK」2016年7月13日リリース)

購入する≪

□AWESOME CITY CLUB
「Don't Think, Feel」Words produce担当
(mini album「Awesome City Tracks 3」2016年6月22日リリース)

購入する≪

□戸渡陽太
「Sydney」Words produce担当
(album「I wanna be」2016年6月15日リリース)

購入する≪

□SHINee
「君のせいで」「Nothing To Lose」作詞担当
(single「君のせいで」2016年5月18日リリース)

購入する≪

□Little Glee Monster
「My Best Friend」作詞担当
(single「My Best Friend」2016年5月11日リリース)

購入する≪

□flumpool
「Blue Apple & Red Banana」Sound & Words produce担当
(album「EGG」2016年3月16日リリース)

購入する≪

□ARKS
「私はあなたを卒業する」Sound & Words produce担当
(mini album「Image」2016年3月9日リリース)

購入する≪

□しなまゆ
「恋をしている目をしている」Sound & Words produce担当
(mini album「ヘンシン」2016年3月9日リリース)

購入する≪

□BURNOUT SYNDROMES
「FLY HIGH!!」「エアギターガール」「サクラカノン」Sound & Words produce担当
(single「FLY HIGH!!」」/2016年3月2日リリース)

購入する≪

□大橋トリオ
「愛で君はきれいになる」作詞担当
(album「10 TEN」/2016年2月3日リリース)

購入する≪

□GLIM SPANKY
「ワイルド・サイドを行け」Words produce担当
(album「ワイルド・サイドを行け」/2016年1月27日リリース)

購入する≪

□Little Gree Monster
「放課後ハイファイブ」「青春フォトグラフ」「NO! NO!! NO!!!」「HARMONY」「空は見ている」作詞担当
(album「Colorful Monster」/2016年1月6日リリース)

購入する≪

□SHINee
「Your Number」「Photograph」「Sweet Surprise」「Sing Your Song」作詞担当
(album「D×D×D」 /2016年1月1日リリース)

購入する≪

□J-WAVE「tonika SPIDER SOUNDS」(22:00〜23:45)
4、7、10月の金曜日レギュラー出演

□雑誌「MUSICA」にて、「DISC REVIEW」を担当
(毎月15日発売)

□雑誌:「T.」(角川出版)の「COMMENTARY」のコーナーにて映画レビューを担当
(年に4回、季刊発売)

公演情報
・11/09にBURNOUT SYNDROMESのアルバム
「檸檬」がリリースされました。
全曲の音と歌詞のプロデュースをしています。
http://burnoutsyndromes.com


・千葉のロックスター、ジャガーさんストラップの
ガチャガチャを見つけて衝動的にやってしまった。
好きなんだよなあ、ジャガーさん。キュートな人だ。
で、誰かに「これ見てよ!」とやりたいのだけど、
もはや身の回りにストラップをつける所なんかなくて、
わざわざストラップだけ持ち歩いて人に見せるという
珍妙な状態になってしまっていて、とても悲しい。
こういう出オチ一発のグッズは、
話のついでにちょっとひと笑い、というのが
重要だと思うのだけれど、
わざわざ持ち歩いてる感があると本来の役割と違う気がして、
その意味でも「まるで使い道がない」から困ってしまう。


・子供に色を教えていて、
「にんじんはオレンジ色だよ」というのが
なんだかものすごく奇妙な感じがする。
この教え方が成立するのならば、
「オレンジはにんじん色だよ」でも良いはずである。
「なんでにんじん色じゃダメなの?」と聞かれた時に
答えられない自分がもどかしい。さらには、
「赤」を覚えたら「赤い車」を言えるようになり、
「黄色」を覚えたら「黄色いお花」を言えるようになり、
「青」を覚えたら「青い空」を言えるようになったのだけど、
「ピンク」を覚えて「ピンクい」と言うようにもなった。
それは違うと、どうやって教えたら良いものか。
2016-11-18 11:56 この記事だけ表示